弦楽トレーナー:佐藤 京子

親しみをこめて「京子さん」と呼ばせていただきます。音楽監督の奥方であり、愛猫ゴンベエ(故猫)の名付け親でもあります。

九州交響楽団団員、仙台フィルハーモニー管弦楽団の客員団員を経て、多数のオーケストラ・室内楽で演奏活動。

また、個人レッスンに加え、全国各地において弦楽合奏をはじめ各種アンサンブルの指導に携わる。

アンサンブル・ゴンベェ主宰。

篠崎嘉男、西村新太郎、鴛渕邵子、宮本政雄の各氏に師事。

 

木管トレーナー:荻原 清次

石川県金沢市生まれ。

 

中高の吹奏楽部でクラリネットに出会う。

洗足学園大学音楽学部を経て1976年に渡独

国立ケルン音楽大学にて学びドイツ式クラリネットをマスター。フランツ・クライン氏に師事。

 

1978年 キール歌劇場管弦楽団(ドイツ)入団。

1981年 ゾーリンゲン市立交響楽団(ドイツ)首席クラリネット奏者として移籍。

 

1985年に帰国。

母校の洗足学園音楽大学での教育活動のほか、アマチュアのオーケストラや吹奏楽、室内楽の指導に携わり現在に至る。

 

当団第10回定期演奏会にてモーツァルトのクラリネット協奏曲を共演

 

自称「オーケストラ・トレーナー」として、当団をはじめ複数のアマチュアオーケストラの指導に携わっておられます。

 

現在:洗足学園音楽大学教授

   一般社団法人 日本クラリネット協会監事

金管トレーナー:脇屋 俊介

東京都生まれ

1966年 都立駒場高校音楽科卒業。

1970年 東京芸術大学器楽科卒業。

    ホルンを谷中甚作氏に師事

卒業と同時に東京フィルハーモニー交響楽団入団、首席ホルン奏者就任。

第39回毎日音楽コンクール入選。

1975年 ベルリン音楽大学入学。

    ゲルトザイフェルト氏に師事。

1976年 ベルリン交響楽団入団。

帰国後東フィルに復帰し、定年まで首席ホルン奏者を務める。

 

また当団音楽監督の佐藤迪が主宰する「東京プロムナード・オーケストラ」においても首席ホルン奏者を務め、管楽器セクションのリーダーとして活躍。

元フィルハーモニー・カンマー・ゾリステン、聖三一合奏団、東京ホルンクラブメンバー

現在 東京フィルハーモニー交響楽団団友、さいたまホルンの会所属

 

東フィルをはじめ、各プロオーケストラのゲスト首席奏者として活躍中。

 

木管トレーナー:小松 拓人

14才よりオーボエを始める。

2004年東京音楽大学器楽科オーボエ専攻卒業。

2002年JILA音楽コンクール室内楽部門第1位受賞。同年東京文化会館新進音楽家デビューコンサートに出演。卒業後フリー奏者として活動。

2004年皇后陛下古希記念演奏会に出演。

2006年活動を指揮に転向。

2011年東京音楽大学大学院作曲指揮専攻指揮研究領域修了。

これまでに指揮を汐澤安彦、宮松重紀、田代俊文、広上淳一の各氏に師事。